iPhoneがなぜ売れなくなったのか私なりに考えをまとめてみた

iPhoneがなぜ売れなくなったのか私なりに考えをまとめてみた

私がiPhoneを使い始めたのは高校生の頃です。当時まだスマートフォンが普及して間もない頃だった。周りのほとんどの人がガラケーを使用している時代。その頃、とても不満に思う事があった。それは「なぜガラケーではPCのようにインターネットが見れないんだ」という事。詳しく言うと当時、インターネットはiモードという機能を使用してウェブページを見る必要があった。このウェブページはパソコンで見るのとガラケーで見るのでは全然表示の仕方が違うので、とても不満に思っていた。私は「携帯電話でIEと同じような表示でインターネットを見たいな」とずっと思っていた。その願いを叶えたのがiPhoneだった。

当時衝撃がはしったのを覚えている。私はドコモのP902iを使用していたが、すぐMNPを転出してソフトバンクでiPhoneを契約した。おそらく通っていた高校の中で一番最初にiPhoneを持っていたと思う。初めに買ったのがiPhone3GSだった。インターネットのアイコンを押したら、Googleの検索画面が出た時は本当に嬉しかった。「これで学校の中でインターネットが楽しめる!!」と震えた。

また、iPhoneの良いところはiPodを持ち歩かなくてもいい事だった。ガラケーでは一応音楽は聴けるが、イヤホンジャックはないし、iモードから音楽をダウンロードして聴かないといけないのがとても面倒。一方iPhoneでは元々iPod nanoを使用していたので、その音楽をそのままiPhoneに同期して入れるだけでOK。イヤホンジャックもあるからnanoで使っていたイヤホンをそのまま挿して音楽を聴くことができた。

他にも、ガラケーではオマケ程度だったゲームが本格的に遊べるゲームになった事。ガラケーでは不可能だった3Dゲームがどんどん出てくる。当時、無料でやるゲームは少なかったが、色々課金して遊んでいた。

iPhoneで不便だなと感じた事は当時はLINEアプリは無く、みんな普通のメールアドレスで連絡をとっていたので、連絡先交換はみんな赤外線通信。iPhoneには赤外線通信が無いのでガラケーとの連絡先交換は本当に不便だった。それ以外は不便と感じないほど革新的だった。

このiPhoneですが2年前までは日本人の約6割がiPhoneを持っているほど普及しましたが、ユーザーが望んでいない事が多く行われ、シェア率が減少し、とうとうアンドロイドの方がシェア率が高くなってしまいました。なぜiPhoneは売れなくなってしまったのか考えをまとめてみた。

日本人の好むiPhoneではなくなった

日本人は安くて丈夫で使い勝手が良いモノを好む人が多いと思います。特に以下の2点がユーザーの購買意欲を減少させていると思います。

安さ

初代iPhoneからiPhone6sまでは安く入手する事ができましたが、iPhone7からは10万円を越える端末が出てき始めました。今では最新機種のほとんどが10万を超えており、ユーザーも手が出しにくい。スマホの値段でパソコンが買えるならどっちを買いますか?私ならパソコンを買います。スマホの適正価格は高くても5万~6万円ぐらいまでだと思います。

引き算のデザイン

iPhone7からはイヤホンジャックが無くなり、iPhoneⅩからはホームボタンが無くなりました。正直な所、本当に使いづらい。イヤホンジャックやホームボタンを無くす事によって防水機能が実現しましたが、はたして防水が必要なのでしょうか。水気が全く無いオフィスで仕事する人がほとんどだと思います。水に触れる仕事はそもそもiPhoneを使用せず、完全防水の携帯を使用すると思います。デザインや他の機能を追加するために利便性を犠牲にするのは私は良くないと思います。

iPhoneのスペックが現代に必要なスペックに達してしまった

現時点でスマホはここ3,4年で急速にスペックが向上し、ビジネスパソコンと同じような処理能力を持っています。もうここまで来ると2,3年ではスマホを買い換える人間は少ないと思います。不満が少ないからです。処理能力も十分あり、サクサク動きます。カメラの性能も十分キレイに写ります。容量も動画や音楽を大量に持ち歩かない限り64GBで事足りる。ユーザーが驚くような要素もだんだんと少なくなり、購買意欲も減少しています。

まとめ

今後、日本人をターゲットとしてiPhoneを開発しない限り、どんどんユーザーは減り続けると思います。今やアンドロイドもすごく快適に動くようになっているので、コスパ重視の多い日本人はどんどん格安の中国産アンドロイドに移っています。iPhoneのユーザーインターフェースはとても使いやすいので、ぜひとも頑張ってもらいたい。日本人の手の大きさに合うiPhoneにして、サクサク動く程度のCPUとカメラで価格を5~6万円で出せば絶対に売れます。シェアの多いこの日本の為に一つ作って頂きたいものです。